木更津キャッツアイ 日本シリーズ

テレビシリーズ放映終了後口コミで人気が広がった作品の劇場版。

ストーリー

21歳にして余命半年と宣告されたぶっさん(岡田准一)。死の淵から蘇って半年後の夏—相変わらず、野球とビールに明け暮れる毎日を送っていた。氣志團が木更津でロックフェスティバルを開催することを知ると野球チームキャッツのメンバーもぶっさん作詞作曲のラブソングを新曲に参加することになった。

そして突然、みんなの前に死んだはずのオジーが現れ、キャッツたちは大騒ぎ。山口先輩は出所した猫田を店長に元ストリップ劇場の木更津ホールを韓国パブに改装。そこで働く韓国人、ユッケ(ユンソナ)と出会ったぶっさんは、ひょんなことから一緒に伝説の赤い橋を彼女と渡り、急接近。

そんな中、美礼先生が高校時代に憧れていた、「微笑みのジョージ」が現れる。

 

見所

宮藤官九郎脚本と言う事で、ストーリーはハチャメチャ。でも、演劇の好きな仲間達が勢揃いした飲み会で出来た話の様なノリがあり、勢いがあります(笑)オープニングでは年をとった主人公たちを大物俳優たちが演じていてるので注目。

監督:金子文紀、脚本:宮藤官九郎 主演:岡田准一、櫻井翔、岡田義徳・佐藤隆太 他

中古機械買取の比較サイトです。

 

ストレイトストーリー

ブルーベルベット、ツインピークスのデビットリンチ監督作品。

バイオレンスが多い監督には珍しい、静かな映画です。

ストーリー

アイオワ州の田舎町に暮らす73才のストレイト。ウィスコンシン州に住む、10年来仲違いしていた兄が倒れたと聞き、兄と和解するため時速8kmのトラクターに乗り込み6週間の旅に出る。実話が元となっている。

 

見所

只々、トラクターで旅をするシーンが続きます。と、そう言うと退屈が映画に感じるかもしれませんが、そのシーンが大事な事をラストで気づかされるはず。

バイオレンスが得意の監督が撮った作品である事を、時々感じさせる演出があるのも、面白いところです。

主演のファーズワースは2000年に他界。この作品が遺作となしました。

 

監督:デビットリンチ、主演:リチャード・ファーンズワース、シシー・スペイセク

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

ティムバートン製作のコマ撮りアニメ映画。現在も色あせない斬新さ。

ストーリー

『ハロウィン・タウン』の住人達は怖いことや、人を驚かせることが大好き。その日は丁度ハロウィン当日、住人達は大盛り上がり。だが、『ハロウィン・タウン』のパンプキン・キング、ジャックは、毎年毎年同じことの繰り返しでしかない『ハロウィン』に虚しさを感じていた。

そんな時、ジャックは森の奥で不思議な扉の付いた木を見つけ、その一つを開くと、恐怖と悪夢に満ちた『ハロウィン・タウン』とは全く違う、陽気で明るい『クリスマス・タウン』の世界が広がっていた。

そんな中、ジャックに密かに想いを寄せるサリーは、悪い予感にとらわれていた。 サリーの心配とは関係なく、『クリスマス』の準備は着々と進んでいく。サンタになろうとするジャックだが・・・

見所

何と言っても個性的なキャラクター達。コマ撮りならではの、1カット1カットにこだわった世界観が組み合わさり、絵画を見ている感覚です。サリーが塔から飛び降り、バラバラになった自分を縫い合わせるシーンが何だかかわいらしく印象的でした。

 

監督:ヘンリー・セレック、声の出演:ダニー・エルフマン、クリス・サランドン(製作・原案:ティムバートン)

 

8人の女たち

フランスのヒッチコックと呼ばれる
ロベール・トマの戯曲『8人の女たち』

とにかく美しい。。。

ストーリー

1950年代、郊外の屋敷が舞台。クリスマスのために集まってきた家族と、忙しく働く使用人達の目の前で、屋敷の主人が死体で発見される。彼の背中には短剣が刺さっており、自殺ではないと一目で分かる。雪に囲まれた屋敷の中にいる8人の女性のうち、誰が犯人か互いに探り出すうち、隠されていた事実が次々と明らかになってゆく。

見所

ザ・フランス映画!美しい女性達、オシャレなお洋服達!富豪の家族らしく、登場人物のお洋服の仕立ての良さ、素材のよさが伝わってきます(笑)

お手伝いさん役のエマニュエルべアールは、「天使とデート」という作品で天使役を演じていたのを思い出しました。みんな美しい。。。

 

監督:フランソワ・オゾン、主演:カトリーヌ・ドヌーブ、エマニュエル・べアール、イザベル・ユベール、ファニー・アルダン、ヴィルジニー・ルドワイアン他

東大阪市・上本町の歯科、増田歯科医院では、メディカルアロマテラピーを用いたリラックスした環境での治療、血圧管理、院内空間の殺菌、更に口臭予防なども行っております。
東大阪の歯科 – 増田歯科医院(口臭治療や往診等)

シカゴ

ボブフォッシーの名作ミュージカルの映画化

俳優さんの力量に圧倒されました。

ストーリー

主婦ロキシーと人気スターヴェルマ、悪徳弁護士ビリーが中心となって描かれる、ミュージカル。

ショーのスターであるヴェルマのようなダンサーになることを夢見る人妻のロキシー・ハートは、「芸能界とのコネを持つ」と嘘をついた家具のセールスマンを、夫のエイモス・ハートが仕事で留守にしている自宅に連れ込んで情事に耽るが、情事の後に「芸能界のコネの話はロキシーと寝るための嘘だ」とばらして冷たく突き放したセールスマンに激昂し、護身用の銃で射殺した。

この事件はシカゴ中のゴシップ誌に書きたてられ、一大スキャンダルになる。派手なスキャンダルを扱うことで有名な敏腕弁護士であるビリー・に弁護を頼んだロキシーとエイモスは、依頼料を払えないことを理由にすげなく断わられる。ある日、ロキシーが憧れるヴェルマが拘置所にやってくる。

見所

何と言っても、俳優さんの歌、ダンスの素晴らしさ!中でも、元々舞台女優だったキャサリンゼタジョーンズのセンスが、きらりと光ります!

他にも、この映画のために過酷なダイエットに挑んだレニーゼルヴィガーの気合いのこもった演技、リチャードギアの腹黒っぷり、ジョン・C・ライリーのだめ夫っぷり、どれも完璧です!刑務所のママ役、クイーン・ラティファの迫力にも後ずさりです。

 

監督:ロブ・マーシャル、主演:レニー・ゼルヴィガー、キャサリンゼタ・ジョーンズ、リチャード・ギア

東大阪の樹脂成形会社
フェノール樹脂なら東栄化成

ラン・ローラ・ラン

1998年ドイツ映画。

映像の楽しさに驚きました。

ストーリー
マフィアの大金を無くした恋人マニを救うため20分で10万マルクを用意しなければいけなくなったローラ。 ベルリンの町をお金の工面に東奔西走!

見所
昔、タモリのストーリーテラーで「if」という番組があったけど、そんな感じです。お金の工面に失敗しては、最初にリセット。テクノにのせて走るローラの髪がとっても印象的。アニメと実写のコラボレーションが新しく、当時、カルチャーショックを受けました!

監督:トム・ティクヴァ、主演:フランカ・ポテンテ、モーリッツ・ブライプトロイ

東京マラソンは劇的な結末でしたね。
お金のために走る!というてんではラン・ローラ・ランとかぶります。
東京のホームページ制作はALT

ジャッキー・ブラウン

テレビシリーズ放映終了後口コミで人気が広がった作品の劇場版。

ストーリー

生活苦のため裏では武器商人オデールの運び屋をやっていたスチュワーデスのジャッキーは武器密売人の55ドルの金に目を付ける。中年スチュワーデスが武器密売人と警察を向こうに回し、一獲千金の大博打に出る姿をコミカルに描いたサスペンス


見所

タランティーノ監督の遊びを残しつつ、中年の俳優さん達の活躍が渋い。毎度の選曲のかっこよさが、サントラ買いを意識させます。まず、主人公が中年のスチュワーデスって日本では、やらなそうな物語なのがよいです。

監督:クエンティンタランティーノ 主演:パム・グリアー、サミュエル・L・ジャクソン

ビックフィッシュ

アメリカでベストセラーになったダニエル・ウォレスの小説を奇才、ティムバートンによって映画化。

おとぎ話のような鮮やかな色に魅了されます。

ストーリー

まるで神話のような自分の人生を周囲に語り聞かせてきた老人エドワード。ある日、重い病気に冒されてしまう。エドワードのホラ話にうんざりしていた息子ウィルは、父親の話の真実を確かめようとする。

 

見所

夢見ることを大事にする父親と現実主義の息子の世界観が美しく交わって行く様、色とりどりの登場人物や景色に心地よいトリップ感を味わえます。また、現実の親子の葛藤が泣かせます。

シザーハンズ、ナイトメアービフォアクリスマス、ジャイアントピーチで描いた、ちょっとはみ出しもの主人公とはひと味違う、ティムバートン監督作品の魅力を発見できます。

 

監督:ティムバートン、主演:ユアンマクレガー、アルバートフィニー

事務所に人がいないとき、起業したてで人手が足りないときは
電話代行のアイズコールへ