ボーン・スプレマシー

ボーン・アイデンティティーの続編です。

ストーリー

相変わらず記憶を無くしているマットデイモン演じるボーンが恋人とインドに潜伏していた。そこに何者かが現れ、恋人が殺されてしまう。

敵を打つべくヨーロッパへを舞い戻り、すべてに関わるトレッドストーン計画を明らかにします。

見所

一見アクションが苦手そうなマットデイモンですが、この作品を見るとキレのすごさに驚かされます。前作のボーンアイデンティティから監督が代わったのですが、いい方になったと思います。原作とは離れて行ってるようですがオリジナルを超えるおもしろさになって行ってるのではないでしょうか。

監督:ポール・グリーングラス、主演:マット・デイモン

PR:茨木市の歯科はこちらの歯医者がお勧めです。
http://konishi.or.jp/

アイ・アム・サム

知的障害を持つ父親と娘の愛の物語。ショーンペンが泣かせます。

ストーリー

七歳の知能しか持たないサム。そして、どんどん父親の知能に追いついて行く娘。その娘が七歳になった時の葛藤、周りの人々の反応をリアルに描きます。果たして、七歳の知能の父親が七歳から大人になって行く娘を育てられるのか??二人はそろって暮らせるのか??

全編ビートルズが優しく作品を包みます。

 

見所

何とっても主役の二人の演技、知的障害を持つ父親役のショーンペン。父親の障害にいらだちながらも父親を愛する娘をダコダファニングが、情緒たっぷりに演じます。 隣人の外出恐怖症アニー演じるダイアン・ウィーストも加わり、現代のかくれた問題に注目した所がよいです。

監督:ジェシー・ネルソン、主演:ショーン・ペン、ダコタ・ファニング、ミシェル・ファイファー

日本製の新生児肌着専門店です。

リトルダンサー

一少年の成長のストーリー

ストーリー

父親に内緒でバレエを習っていた11歳のビリー少年。一生懸命に練習し、みるみる上達した。彼の才能に注目した女性講師はバレエ学校への進学を薦めるが・・・。「バレエなんか女のする事だ」と周囲に反対されながらそれでも果敢にバレエダンサーを目指す主人公ビリー。

 

見所

ひたむきでブレないあっぱれな主人公。とにかく今の日本に必要な要素満載の性格(笑)この作品をみると、夢の実現に必要なのは何か?周囲の人がその夢に対していかに関わっているのかを考えさせられた。ダンスシーンが秀逸。

監督:スティーブン・ダルドリー 主演:ジェイミー・ベル、ジュリー・ウォルターズ、アダム・クーパー

ダンス前も恵比寿のアルコイリスでセットしていきましょう。

 

ロミオとジュリエット

レオナルド・ディカプリオの王子様っぷりが、、クレア・デーンズのお姫様っぷりが、、美しい。。。

 

ストーリー

言わずと知れた、シェイクスピアの戯曲。いがみあうモンタギュー家とキャピュレット家に生まれた二人の悲恋物語。二人はそれでも愛を貫こうと密かに結婚式をあげるが、運命のいたずらによって引き裂かれることになる。

見所

大胆な現代風アレンジで、アロハを着た王子様には度肝を抜かれました。音楽もそのときに流行った銘々たるアーティストを起用し、ミュージックビデオの様な仕上がりに。とにかく美しい恋物語が見たければ、外せません!

 

監督:バズ・ラーマン 主演:レオナルド・デカプリオ、クレア・デーンズ

金型の磨きは関西研磨工業

 

A.I.-ARTIFICIAL INTELLIGENCE

スタンリー・キューブリック監督の企画。キューブリック監督死後、スピルバーグ監督が意思を引き継ぐ。。。

ストーリー

近未来、地球温暖化で両極の氷河は解け、世界が海に沈む。人類の新しいパートナーとして、高性能ロボットが開発された。ある夫婦が、デイビッドというA.I.(高性能ロボット)をひきとる。しかし、難病で冷凍保存された実の息子の目覚めで、デイビッドは捨てられてしまう。

見所

スピルバーグ監督作品と言うより、天国のキューブリック監督の意思をスピルバーグが監督が具体的に形にしたといえる作品。何と言っても子役のハーレイオスメントが名演技。

監督:スティーヴン・スピルバーグ 主演:ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジュード・ロウ

自動ドアの開発もロボット開発の一歩・・・。

告白(2010)

2011年、大手レンタルビデオ店で、最も借りられた映画。28年の歴史を持つ大手レンタルビデオ店○○YAで、史上初、邦画が一位に輝いたという、超注目作!!

ストーリー

女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、中学校プールで溺れて亡くなった。数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて衝撃の告白をする。「私の娘は、このクラスの二人に殺されました」それから森口の怒濤の復讐劇が幕開く。

見所

賛否両論、見る人によって評価がここまで割れる映画がここ最近あったでしょうか?今をときめく天才子役芦田茉奈ちゃんを始め、子役達の演技、名優達の演技が光ります。救いようの無い闇に拒否感を感じるか?はたまた同感をおぼえるか?それぞれの役づくりがしっかり出来ているのに驚きました。

監督:中島哲也 主演:松たか子 出演:岡田将生、木村佳乃、芦田茉奈

事務所の移転はジャスト

アメリ(2001)

まさにフランス映画!美しくウィットにとんだオシャレ映画の代表格。

ストーリー

アメリというなの女性は内気で無口ないたずらっ子。あるきっかけをもとに誰かの些細な幸せを演出する趣味を覚える。そんな最中、人の証明写真の失敗したものを集める趣味のニノという青年を見つけ、興味を抱く。アメリとニノの恋の行方はいかに。。。

見所

内気なアメリが、ある男性と出会い、どうしていいか分からないままかかわっていく様子がとてもかわいらしい。アメリが仕掛ける沢山のいたずらの可愛らしさに注目。

この作品が出世作になったオドレイ・トトウの小悪魔的演技がすてき。

監督:ジャン=ピエール.ジュネ 主演:オドレイ・トトウ

税理士事務所 尾中会計


 

猟奇的な彼女(2001)

韓流ブーム初期の王道ラブコメディ。彼女がとってもカワイイ!でも、、ヒドい!!

ストーリー

兵役を終えたキョヌは軟派な大学生。ひょんな事から出会った彼女は正義感が人一倍強く、気に入らない人物には男であろうと女であろうとすぐに手が出る女の子だった。。実は前カレとの悲しい別れが原因で暴力的になってしまって、根は優しい良い子であるのがわかりキョヌはそれを受け止めるが、、果たして・・・。

 

見所

実は、あの冬ソナよりも日本公開が早く、一早い韓流ブームを巻き起こしていた作品。韓国映画のセオリー、男が強く引っ張られて行く女という構図とは違ってその逆ですが、恋人の死を悼むつらい心情と爽快なエンディングはまさに王道。気持ちよいです。韓国のネット小説であまりにも人気が高まったため、映画化された。

監督:クァク・ジェヨン主演:チョン・ジヒョン、チャ・テヒョン

大阪で出張マッサージはココリフレ

 

ショーシャンクの空に(1994)

ティムロビンスとモーガンフリーマンのヒューマンストーリー

ストーリー

妻とその愛人を殺害したという冤罪で投獄された銀行家。自らの無実獲得を信じ、希望を捨てない姿勢はやがて受刑者の心をつかむ。

見所

キャリー、シャイニング、ミザリー等で有名なホラー小説家のスティーヴンキングの小説の映画化。全く世界観の異なるドラマを描ける多才っぷりが伺える。95年度キネマ旬報外国映画ベスト・ワン作品。

監督:フランク・ダラボン 主演:ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン

和歌山で永代供養

 

21g-21グラム-(2003)

人の悲しみ、命の重さとは?

ストーリー

交通事故で夫と娘たちを失った女。その心臓をもらった男。そして事故を起こした男。無関係だった三人の運命が今絡み合って行く。

見所

三人が否応無しに運命の足並みを揃えて行く様子をすばらしい演技で表現。作品のタイトルになっている21gとは、人が死ぬとその分軽くなったというある学者の諸説からきたそうです。実際は一人の被験者の体重が21g軽くなっただけで、みんなそうなる訳ではなく、科学的には証明されていないらしいです。

監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イリャリトゥ 主演:ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ、ベネチオ・デル・トロ

茨木市の小西歯科医院です。